司法書士の日

8月3日は司法書士の日です。


その由来は、日本司法書士会HPによりますと、以下のようになっています。


「1872年(明治5年)8月3日


太政官無号達 司法職務定制 代言人・代書人・証書人制度の誕生

太政官無号達で司法職務定制が定められる。これは我が国最初の裁判所構成法ともいう

べきもので、全22章108条からなる法典。 この第10章「証書人・代書人・代言人職制」

の中に法制度を支える3つの基本的な職能が定められた。 特に代書人・代言人は裁判権

の円滑な行使に不可欠な存在として位置付けられた。 証書人は現在の公証人、代書人

は現在の司法書士、代言人は現在の弁護士である。」


私たちがさせていただく司法書士のお仕事には長い歴史があります。


日々の業務の中でも、司法書士という資格の責任の重さを認識し、

少しでも皆様の役に立てるよう、微力ながら努力していきたいと思っています。