消滅時効のご依頼

こんにちは!

 

先日、時効かもしれないという方からご依頼をいただきました。

 

今まで引越しても住民票を移していなかったそうですが、マイナンバーの関係で少し前に住所を移したところ、貸金業者や債権譲渡先の会社から督促状が届くようになったそうです。

 

その方のお住まいは、県内ですがやや遠方で、1時間くらいかかるところからお越しいただいたとのことでしたが、当事務所のブログを見てご依頼いただいたとのことで嬉しかったです。

 

調査しましたところ、最終取引日から10年以上経過し、債務名義(判決など)もありませんでしたので、時効援用通知を内容証明郵便で送付しました。

 

最近、当事務所では、借金の時効の相談が増えています。

 

他の方のケースで、他の事務所に相談したところ、「放っておけばよいのでは」と言われたそうです。

 

ですが、そうなると信用情報に残ったままになってしまい、自分としても気になるので、どうにかしてほしいと相談されることもあります。

 

当事務所にご依頼いただいた場合、取引内容の調査、裁判等の有無を調べた上で、時効の援用通知を内容証明郵便(配達証明付き)で送付します。

 

その後、到着の確認、信用情報の削除等の確認、契約書の返還(又は、債務不存在確認書等)を依頼し、きちんと確認しています。

 

最後の借入又は返済から5年以上経過している場合は、既に時効になっている可能性があります。

 

詳しいことは直接面談の上、ご相談させていただいていますので、お気軽にご連絡下さい。