アビリオ債権回収に対する時効援用

先日、アビリオ債権回収に対する時効援用の手続のご依頼をいただきました。

 

そのご依頼者の方は最近引っ越しをされて住民票を移されたところ、同社から督促状がくるようになってしまたそうです。

 

もともとの借入先がSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)や新生フィナンシャル(旧GEコンシューマー・ファイナンス、レイクのことです)であると、アビリオ債権回収に債権譲渡されたのち、督促状や裁判所からの書類(支払督促、訴状等)が届くことがあります。

 

長期間借り入れも返済もしていないとなりますと、既に時効になっている可能性が高いです。

 

督促状に書かれている連絡先に電話連絡等してしまう前に、まずは私にご相談下さい。

そうすれば、私が状況を精査させていただき、損をされないように対処させていただきます。

 

とにかく債権者にコンタクトを取らないことが大切です。まずは私かお近くの司法書士にご相談下さいます様にお願い致します。